Work 取扱業務

Work

HOME//取扱業務//未払残業代請求

未払残業代請求

未払残業代請求

残業代の未払いに
的確に対応します

当事務所は未払残業代請求に力を入れています。残業代を計算し、会社側と交渉します。在職中のご相談で、収集しておくべき証拠や資料を教示することもできます。
残業代請求には時効があります。そのため、ご依頼いただいた事件については迅速な初動が必須となり、時効を止める必要があります。

・サービス残業ばかりしている
・会社に言っても残業代を支払ってくれない
・深夜手当がもらえない
・よくわからない理由で会社を辞めさせられた、辞めてくれと言われている

このような場合、弁護士にご相談ください。満足のいく解決を目指します。

弁護士費用の目安

【残業代請求】
法律相談
初回30分
無料
それ以降30分あたり
5000円
着手金
交渉
5万円~
労働審判・訴訟
15万円~
※期日等出頭回数が3回を超えた場合、4回目以降1回あたり3万円(大阪の場合)の日当が発生します。
報酬金
依頼者の得た経済的利益の20%
(交渉の場合の最低額20万円、労働審判の場合の最低額25万円、訴訟の場合の最低額30万円)
【解雇無効・雇い止め無効】
法律相談
初回30分
無料
それ以降30分あたり
5000円
着手金
交渉
15万円~
労働審判・仮処分・訴訟
25万円~
※期日等出頭回数が3回を超えた場合、4回目以降1回あたり3万円(大阪の場合)の日当が発生します。
報酬金
(1)職場復帰できた場合
30万円~(要相談)
(2)経済的利益が生じた場合
依頼者の得た経済的利益の20%
(交渉の場合の最低額20万円、労働審判の場合の最低額25万円、訴訟の場合の最低額30万円)

※いずれも消費税別。
※遠方に出張・出廷が必要な場合、日当が発生します。また、実費は別途請求させていただきます。
※具体的な弁護士費用は、委任契約によって定めます。弁護士費用は事案の難易度により変動する場合があります。

取扱業務一覧